高級時計の維持

修理

並行品や中古品の維持は

ロレックスは日本でもファンが多いスイスの高級時計ブランドだが、維持費はオーバーホールなどを含めて結構かかるものだと憶えておきたい。オーバーホールは定期的にしなければならないし、劣化しているパーツがあれば交換になるのでその分の費用も上乗せされるのだ。もし並行輸入品を購入した場合でも、ロレックスではオーバーホールを行うのでその点は購入ルートを気にしなくても良いので安心である。時計メーカーによっては並行品のオーバーホールを行わないところもあるので、買ってからしまったということもあるのだ。しかし、ロレックスといえども中古を購入している場合には、内部に純正パーツ以外が使われている事があるので、ロレックスでもオーバーホールを断られてしまう事もある。ロレックスの中古はその人気ゆえ大量に売られているが、オーバーホールやパーツ交換などの履歴がわからないので、メンテナンスに不安が残るのだ。そんな事があればメーカーでのオーバーホールは諦めて、一般の高級時計の取扱い量の多い修理店に頼むのが良いだろう。日本の時計職人のレベルはかなり高いので、良い店を見つければメーカーと大差ないオーバーホールや修理が受けられるであろう。維持費の都合で一般修理店をオーバーホール先に使う場合には、前もって純正部品を使わない場合には知らせて貰うように頼んでおくのが良い。なぜなら以後メーカー修理という選択肢を失ってしまう可能性が否定できないからである。